ニキビに効くサプリ@私のおすすめはこれ!

ニキビに効くサプリは「きらりのおめぐ実」

きらりのおめぐ実は、ビタミン不足に敏感な女性が悩む大人ニキビ・吹き出物に効く専用サプリメントです。自然由来の栄養素をたっぷりと配合し、体の内側からのスキンケアを行っていきます。

 

便秘からくる肌荒れ防止のためにビフィズス菌、便をためないスッキリ成分の食物繊維、綺麗に欠かせない総合成分たっぷりクロレラなどを主成分に含まれています。

 

さらに、ニキビを治すために必須のビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンEももちろん含有しており、他にはない最高の大人ニキビ・吹き出物専用サプリメントです。

 

ニキビをはじめ肌トラブル改善にビタミンが必要

 

ニキビを筆頭に肌トラブルの改善にはビタミンが欠かせません。とはいえ、ビタミンにも色々ありますので、特に有効なビタミンをピックアップします。

 

何と言ってもビタミンC

 

まずは、何を置いてもビタミンCです。
なぜなら、ビタミンCは、

 

  1. 皮脂抑制=ニキビ予防
  2. 抗炎症=ニキビ改善
  3. 美白=ニキビ跡改善

 

という3大効果があるからです。予防も改善もできる上にできてしまったニキビ跡にも有効という一石三鳥なビタミンなんですね。化粧品の成分なら、ビタミンCよりも、ビタミンCを安定化させたビタミンC誘導体のほうがより効果的ですよ。

 

ビタミンBは2&6が有効

 

ビタミンCに次ぐニキビに有効なビタミンはビタミンBです。ビタミンBには複数種類があって、有効なのはB2とB6になります。

 

ビタミンB2には脂質の代謝を促す効果があり、皮脂が過剰に分泌されている場合は落ち着かせます。皮脂コントロールに一役買ってくれるビタミンということです。

 

ビタミンB6にはターンオーバーを助ける効果があります。乱れたターンオーバーを整えて毛穴周囲の皮膚が硬くなったり分厚くなったりするのを防いでくれるということです。

 

ホルモンバランスを整えるビタミンEもお役立ち

 

女性ホルモンとよく似ているビタミンEもニキビに有効です。ホルモンバランスを整えてくれるので、生理前でもないのに黄体ホルモンの分泌が過剰になったせいでニキビができるのを防ぐ他、生理前と言えども黄体ホルモンが分泌され過ぎるのを防いでくれます。

 

また、抗酸化作用と言って、人間の体が少しずつ少しずつ酸化していくのを防ぐ効果まであり、アクネ菌の酸化を抑制する効果が期待できます。ただし、脂溶性であるため自然排出されることがないので、摂取過多には要注意です。

 

ニキビ改善に必須のビタミン補給はサプリが良い理由

 

ニキビに有効なビタミンは食品から摂取しやすいのも魅力ですが、体の中に溜めておける量が決まっているので毎日摂取しなければなりません。壊れやすいという弱点もあるため、壊さずに調理する自信がないならサプリメントが楽ちんです。

シミ、そばかすの改善方法は?

どれだけUVケアに力を入れていても、シミができてしまうということもあります。このような場合、シミをどのようにして改善させるようにすればいいのでしょうか?シミができてしまったとしても、ちゃんとしたケアをすることで、シミを改善させることが可能です。一番手軽に行うことができる方法として、美白化粧品を塗るという方法が挙げられます。

 

その美白化粧品によってどんな美白成分が配合されているのかは異なっています。最近、ビタミンC誘導体が配合されているものも多いのですが、このビタミンC誘導体というのは、メラニン色素の生成を阻害する作用があるだけではなく、シミを薄くしていく作用も期待できます。

 

参考:http://xn--u8jxahar8ipe7684a2edh45fx08a.com/

 

この他にも、ビタミンC誘導体を浸透させることによって、コラーゲンも生成されやすくなります。これによって、ハリのある肌にしていきやすくすることもできるのです。また、ハイドロキノンといわれる美白成分が含まれている美白化粧品も最近増えてきています。このハイドロキノンでは皮膚科でも用いられているほど、美白成分が強くなっています。

 

マッサージをして肌の代謝を促して、シミの改善をする方法もあります。洗顔をして代謝がよくなっている時に、マッサージクリームを顔に塗って力を入れずに円を描くように指を使ってマッサージをしていきます。マッサージオイル以外にも、タオルパックを使って、肌のターンオーバーを促すのもいいでしょう。タオルパックとして使う際には、冷水で冷やしたタオルと1分程度電子レンジで温めたタオルを交互に肌に充てるようにしてみてください

 

また、保湿をすることも美肌にしていくために必要です。保湿を怠ってしまうと、肌の保護が難しくなってしまいます。これによって、肌に刺激を与えてしまって、炎症などを引き起こしてしまったり、シミを改善させることができなくなってしまいます。

 

マッサージをしたりピーリングをしても、なかなかシミを改善させることができないのであれば、皮膚科で治療をしてもらうという方法もあります。皮膚科で処方されるものとして、レチノイン酸とハイドロキノンが配合されている外用薬が挙げられます。ハイドロキノンは、先ほども紹介しました通り、高い美白成分を持っており、レチノイン酸はターンオーバーを促進させて、メラニン色素を肌から追い出しやすくなります。

 

この外用薬以外にも、内服薬も服用する場合もあります。内服薬の場合、ビタミンやビタミンEのように抗酸化作用があるビタミン類が配合されていたり、シミを作り出す伝達物質を阻害するトラネキサム酸やターンオーバーを促してくれるアミノ酸の一つであるL-システインが配合されている場合が多いです。

 

処方箋を服用したり肌に塗っても、シミの改善ができない場合は、レーザー治療も検討してみるといいでしょう。シミができている個所にレーザー照射をすることによって、メラニン色素を破壊して、シミを無くすことができます。レーザー照射は黒い色素であるメラニン色素の実の反応しますから、正常な肌を傷つけてしまうということもありません。

更新履歴