ニキビを繰り返さないために
トップページ > ニキビを繰り返さないために

ニキビを繰り返さないために

ニキビは、治ったと思ったらすぐにできたり、同じような場所に繰り返しできたりすることがめずらしくありません。そこで、ニキビを繰り返している原因を追究します。

 

繰り返す原因@ホルモン

 

ニキビを繰り返しているパターンの中でもっとも多いケースが『生理前ニキビ』です。

 

女性は、生理の1週間前ごろから黄体ホルモンというホルモンが分泌されます。このホルモンには皮脂分泌を促す作用があり、普段よりも皮脂がたくさん出てしまうため、毛穴の皮脂詰まりを起こしやすくなります。

 

皮脂を落とすこと。
でも、落とし過ぎないこと。

 

丁寧な洗顔を心掛け、クレンジングオイルはできれば避けて、濃いアイメイクを落とす際にはアイメイクリムーバーを使ってクレンジングオイルを使わなくてもメイクをしっかり落とすようにしましょう。

 

繰り返す原因A乾燥

 

治ってもすぐできるという繰り返しパターンでは『乾燥ニキビ』が疑われます。

 

乾燥している皮膚はしていない皮膚よりも硬くなります。水気のある土が柔らかいのにカラカラに乾いた土が硬いのと同じです。

 

そして、皮膚が硬いと、本来はきれいにはがれおちる角質が落ちずにとどまって皮膚の表層が厚くなることで毛穴が詰まりやすくなり、しかも、皮膚の機能が低下してアクネ菌が繁殖しやすくなります。

 

さらに、乾燥しているという状態を改善しようと皮脂腺が活発に皮脂を分泌するという状況も生みます。

 

自分では乾燥していないつもりでも、エアコンによる乾燥や肌の水分不足が引き起こす乾燥が原因となっていることが多々あります。

 

乾燥させないケアというと乳液やクリームをたっぷり塗るイメージを持つ人もいますが、まずは肌の水分を補給するスキンケア(プレ化粧水やシートマスク)が有効です。

 

繰り返す原因B習慣

 

意外と気づいていない落とし穴が『習慣ニキビ』です。

 

ニキビができるとついさわってしまう。
おでこや頬に髪の毛がかかっている。
これらがニキビないし悪化の原因だと聞いたことのある人は多いはず。

 

では、

 

・枕カバーやシーツやタオル
・ファンデーションないしパウダー類のスポンジ
・チークなどのブラシ

 

についてはどうでしょうか。

 

これらは、こまめに清潔にしておかないと雑菌が繁殖します。枕カバーなどは定期的に洗濯している人が大半だとは思いますが……メイク道具を忘れてはいませんか?

 

肌に触れる物は清潔が第一です。