ニキビの治し方
トップページ > ニキビの治し方

ニキビの治し方

ニキビの治し方は何パターンかあります。
ニキビの状態に合わせた治し方で跡に残さずに治したいものですね。

 

「洗顔」で治す

 

ニキビを治す第一歩目は『洗顔』です。

 

顔を洗うだけでニキビが治るならとっくに治っている、いや、そもそもニキビができていない。そう思えるくらい、洗顔は日常的な行動です。

 

しかし、きちんと洗顔できていないからこそニキビができるのです。

 

ニキビは毛穴詰まりがスタートラインですよね?毛穴を詰まらせる物は皮脂や汚れです。その皮脂や汚れを洗顔で落とすためには、正しく洗顔する必要があります。

 

では、正しい洗顔とは?

 

朝起きた時に顔がベタベタしているなら洗顔料を使います。かつ、洗顔料をよく泡立て、手でこすらずに泡で洗うようにします。こうすることで余計な皮脂や汚れをきちんと落としつつ摩擦によるダメージを防ぎます。

 

泡で出てくるタイプの洗顔料か泡立ちか良く泡切れの良い石鹸がオススメです。

 

ベタベタしていないor乾燥しているなら洗顔料なしでもOKですが皮脂がまったく出ていない人はいないため、夏でも水ではなくぬるま湯で洗うのがポイントです。

 

「睡眠」で治す

 

睡眠不足は百害あって一理なしです。
ニキビだけでなくクマやキメの乱れなどの肌トラブルを引き起こします。

 

また、睡眠時間を確保できているとしても夜更かし朝寝坊では意味がありません。午後22時〜午前2時、この時間帯の睡眠時には肌にとって重要なホルモンが分泌されます。

 

治すためにも、予防するためにも、睡眠はとても大切です。

 

「ビタミンC」で治す

 

ニキビを改善するのにもニキビ跡を改善するのにも、ビタミンCが強い味方となります。

 

食品やサプリメントで摂取するのはもちろんのこと、ビタミンCが成分として入っている化粧品も有効です。化粧品の場合は、不安定なビタミンCを安定化させたビタミンC誘導体という成分を使っている物が特に有効。

 

それから、ニキビは皮膚病の一種なので、たかがニキビと思わず、時には思い切って病院へ行くことも大切です。