ニキビの種類
トップページ > ニキビの種類

ニキビの種類

ニキビには種類があり、種類でニキビの進行度がわかります。
ニキビの種類を把握してなるべく早い段階で治せるようにしましょう。

 

白ニキビ&黒ニキビ

 

白ニキビとは、ニキビの初期段階です。毛穴が塞がれてはいるものの言い換えれば塞がれたばかりで炎症はまだ起きていません。この段階で治せればそれがベストですね。

 

ただ、初期中の初期であるために気づかない場合もあります。

 

また、毛穴を塞いでいる皮脂や汚れを無理矢理取り除くと毛穴が広がったり傷ついてしまったりと良いことがありません。

 

白ニキビの次の段階が黒ニキビで、塞がれた毛穴が酸化して黒ずんだ状態です。こちらも炎症は起きていないのですが、見た目が良くないのでやはり早く治すに越したことはないと言えます。

 

ニキビの赤信号・赤ニキビ

 

赤ニキビとは、ニキビが炎症している段階です。

 

炎症しているので痛みがありますし、治りにくく、跡にもなりやすいという厄介さ。しかしながら、この段階で治せれば化膿しません。

 

この段階で日焼けしてしまうと悪化しやすいの注意してください。かといって、赤ニキビを隠すメイクは同じく悪化させるのでNGです。

 

赤より重症・黄ニキビ

 

黄ニキビとは、炎症を通り越して化膿している段階です。

 

黄色っぽい一方で白っぽく見えなくもないので白ニキビと間違える人もいるかもしれません。が、この段階だと白ニキビとは異なり痛みがかなりあります。

 

化膿している上に炎症を起こす物質が詰まっている状態でもあるので、表面が破れて中身が飛び出すと黄ニキビ周辺にまで炎症を引き起こす可能性があります。さらに、跡になりやすいという致命的なデメリットも。

 

この段階になったならすぐに病院へ行くことをおすすめします。