ニキビは自分でつぶすのはよくない?
トップページ > ニキビは自分でつぶすのはよくない?

ニキビは自分でつぶすのはよくない?

ニキビをつぶしてはいけないとよく言いますよね。
その一方で、つぶしたほうが早く治るとも言います。
つぶすのは、いいのでしょうか?
それとも、悪いのでしょうか?
比較検討してみます。

 

ニキビをつぶすメリットは?

 

まずは、「つぶしてもいい」という説から。

 

つぶしてもいい、むしろ、つぶしたほうが早く治るというのは、つぶすことによって毛穴に栓をしていた物が取れるからです。そして、栓が取れたことで中身も出てきます。

 

栓をしていた物とは、皮脂や汚れや古い皮膚細胞(角質)が固まった物。中身とは、栓のせいで排出できずにいた皮脂。共に健康な肌には不要な物ですから除去できるならそれに越したことはありません。

 

“栓”や“中身”は『ニキビの芯』と言われることがあります。芯が取れればニキビという状態からは解放されるわけで、それで「つぶしてもいい」という説が根強くあるのでしょう。

 

ニキビをつぶすデメリットは?

 

次に、「つぶすのは悪い」という説について。

 

つぶすという行為は肌を酷く傷つけると考えられています。
なおかつ、

 

*ニキビが悪化する
*跡になる

 

というリスクを高い確率で伴います。

 

ニキビの跡をネタにしているお笑い芸人さんがいますが……あの方は、通信販売か何かで購入した器具でたくさんあったニキビをことごとく潰してしまった結果、跡に残ったそうです。

 

ニキビ跡には何パターンかあり、薄いシミやそばかすのような状態ならまだマシなほうで根気よく美白ケアし続ければ消えます。

 

ところが、月面のクレーターみたいにデコボコになってしまった跡をキレイに消す方法は現代でも確立されていません。

 

結局のところどちらがいいのか?

 

両説を比較してみると、つぶすメリットよりもデメリットのほうが大きいと言えます。つぶすことで早くしかも確実に治るならともかく、治るかもしれないという曖昧な説ですし、デメリットというよりもリスクで、リスクを犯してまでつぶす必要はないはずです。

 

ちなみに、自分でつぶすのではなく皮膚科の処置でつぶしてもらうと、ニキビの芯を除去しつつ跡に残りません。早く治したい時はつぶさずに皮膚科へ行きましょう。